毎日使うものだから 手帳とセットで使う愛用文房具

毎日使うものだから 手帳とセットで使う愛用文房具

手帳は普段から、できるだけ開けておいておくように心がけています。

 

なにか思いついたときすぐに、メモできる状態にしておきたいからです。

 

思いついたことやひらめいたキーワードはすぐに、愛用の手帳にメモするようにしています。

 

そんな毎日常に使う手帳と一緒に使うのは、ペンなどの文房具

 

やはり書きやすくて使いやすい不便のない便利な文房具を常に身近に揃えておきたいものです。

 

 

手帳と一緒に使う愛用の文房具

 

ノック式ゲルインクの極細ユニボールシグノ

 

以前は、キャップ式の極細シグノを使っていたのですが、

ノック式の便利さの虜となってしまいました。

 

 

カラーがたくさんあるのはいいのですが、

基本的には3~5色ほどあれば充分事足ります。

カラフルにしすぎても、何が重要なのかわからなくなってしまうので・・・。

 

 

書きごごちスラスラのジェットストリーム多色極細ペン

 

仕事でも常に携帯しているのが、多色ペンです。

何本も持ち歩くのは邪魔になるので、書き心地のいいジェットストリームは、

仕事場でも何本かストックしてあります。

 

たまに、お客様に貸してあげると、書き心地のよさに、

「いいね、これ、書きやすい」

と思わず言われてしまうくらいです。

 

 

 

 

ゼブラの蛍光ペンマイルドライナー

 

蛍光ペンは文字を目立たせてくれ、重要なことにラインを引いたり、枠で囲んだりと

手帳でも、学習でもいろいろな場面で活躍してくれます。

 

マイルドライナーは目に優しいという点もあって、愛用の一品です。

 

こちらもカラーが豊富にはありますが、5色セット程度で充分事足りています。

 

5色セットでも

  • ほんのり蛍光色
  • 和みマイルド色
  • 晴れやかマイルド色
  • 渋マイルド色
  • 親しみマイルド色

 

などが、セット販売されており、全部を使ったことはありませんが、

ピンと来た蛍光ペンを使ってみるのもいいのではないでしょうか。

 

 

 

文字を間違ったときに使える修正テープ

 

書いたら消せるフリクションタイプの愛用ペンもありますが、

今回紹介したのは、消せるタイプではありませんね。

 

あ、間違った!というときに、

ちょこっと消せる修正テープも常備しておきたい文房具の一つです。

 

 

普段、5ミリ方眼のノートを基本的に手帳として使っているので、

5ミリ以下の修正テープがおすすめですね。

 

 

修正テープは使い切りタイプとカートリッジタイプがありますが、

よっぽどのお気に入りならばカートリッジタイプがいいと思いますが、

今は5ミリの使い切りタイプを愛用しています。

 

 

 

 

まとめ

文房具は、毎日使うものなので、自分が使いやすいものが一番です。

 

手帳に使う文房具を買い替えたいなあという方の参考になれば嬉しいです。

 

 

 

お気に入りの文房具を使っていると、ついつい書きたくなって、いろんなことをメモするようになります。

 

アイデアや気づいたことなど、どんどんメモしていける習慣を毎日繰り返していけるといいですね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました