2021年に向けて主婦が悩む手帳サイズ

2021年に向けて主婦が悩むB6サイズ手帳とノート
スポンサーリンク

そろそろ、2021年の手帳で悩む時期がやってきました。

ここ、数年バレットジャーナルで頑張っています。

 

ここに来て、フォーマットのあるウィークリー手帳との

2冊持ちにしようと考えています。

 

なぜ手帳を2冊持ちにしようと思ったのか

・バレットジャーナルはページを行ったり来たりするのが面倒。

・1週間を見通すことができないから

・毎月、マンスリーやウィークリーのページを作るのが面倒になってきたから

 

手帳2冊の使いみち

マンスリーとウィークリーを見通せる、いわゆるスケジュール管理のための手帳

・今まで使っていたバレットジャーナルの役割である日々思いついたことや思考をまとめるためのノート

 

手帳とノートのサイズはB6で決定

手帳をいろいろ探していて、最初に考えるのが手帳サイズ。

過去の山積みになっている手帳・ノートを少し振り返ってみました。

 

なかをペラペラと見てみると、一番見やすく、そしてたくさん記入している手帳が

B6サイズの手帳なんです。不思議なことに・・・。

 

なので、B6サイズの方向で探していくことにしました。

 

まだ、決めかねていますが、マークスのEDITがかなり有力です。

 

CITTA手帳はA5サイズのようなので、うーん断念か。

 

 

 

何でも書いていくノートはすでに決定です。

 

といっても、今日決めたところですが

最初は同じマークスのノートタイプで揃えようかと思っていましたが、お値段が・・・

多分いっぱい書いちゃうし。

カラー豊富なので、たしかにかわいい。

 

ですが、年に何冊も使うと思うので、結局はこのシンプルなこのノートタイプにします。

 

2冊持ち成功するかどうかわかりませんが、チャレンジしてみようと思っています。

ちょび

3人の子育てをしながら、夫と5人家族で生活しています。
仕事しながら、育児、家事に每日奮闘しています。
このブログでは、シンプルに暮らすをテーマに手帳術や自宅をシンプルに片付けるためのアイデアを色々紹介しています。

フォローボタン
幸せに生きるための考え方ライフスタイルを整える方法手帳術
スポンサーリンク
フォローボタン
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました