後回しせずに、散らかっているゴミをなくしていく3つのステップ

後回しせずに、散らかっているゴミをなくしていく3つのステップ

毎日、週末になったら、仕事が休みの日に片付けよう!

そう思いながら、休みでもなにも出来ていないなんてことはないでしょうか。

 

私自身、平日は朝から夕方まで仕事。

毎日の家事に追われて、ものを整理するという作業まで

追いついていなかったんですよね。

そのくせ、なんとなくネットサーフィンして

ついつい買い物をしてものをさらに増やしていくという・・・

 

限られた時間の中で不要なものをなくしていくという作業を、

毎日少しずつ5分でもいいからとりかかろうという目標をたてました。

 

1日10分から15分をものを整理する

いるものといらないものを区別する)という作業です。

家の中が片付かない悩みを解決する4つのポイントの意味
主婦であり、母親であり、ビジネスウーマンであり、毎日やることがずーーーーっとあります。 頑張っても頑張っても家の中...

 

ものを手放すと自然と周りが整頓されていく

物が多いと、収納する場所を確保することさえ難しくなります。

物が少ないと、ここは何が入っている場所と、

一つの場所にカテゴリ分けされたものを収納できますよね。

 

不要なものをなくしていくという目的を持つ

もう使わないもの、ずっと使っていないもの

いつか使うかもしれないという不安を捨て、

何年もそのまま使っていないものは処分しましょう。

これからも使いません。

 

人は、もともと物を収集して食料などを自然と貯蔵してきました。

先天的にものを溜め込むという性質が身についているのです。

意識しないと物を溜め込んでしまいます。

散らかっているゴミ(不必要なもの)をなくしていく3つのステップ

 1.分類する
ごみの山をまとめてアイテムごとに分類する

2.選別して捨てる
アイテムごとの中から捨てるものとっておくものを区別する

3.整理して配置する
とっておくもの残ったものを使いやすいように、配置し収納していく

物欲が起こり、多くのものを求める欲求は自然なことであり、

自分を責めたりするのはやめましょう。

意識してものを手放し、

本当に必要なものなのか自分の中で吟味していきます。

 

ここで注意していただきたいのが、

他人の物は整理できないということ。

例えば、ご主人のものをあなたがいるものいらないものに区別することはできないということ。

まずは、散らかってしまっても、収納することより、

毎日15分以内で、不要なものを整理していく習慣をつけていってみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました