WordPressのエディタGutenbergが使いにくいので無効にする方法

WordPressの新しいバージョンにアップデートしたら、

突然投稿エディタの画面が変わってしまった件。

このエディタ画面は「Gutenberg」と呼ばれるもので、

今ではデフォルトでこのエディタ機能が有効になっています。

 

以前からの投稿画面に慣れてしまっていた私としては、

個人的に、非常に使いにくく、元に戻したいなああと思っていました。

 

WordPress自体がこの投稿エディタを推奨しているということなので、

慣れていかなければならないのでしょうが、

今現在は、とりあえず無効にしておく方法を調べました。

1.WordPressのプラグインClassic Editorをインストール

プラグインの新規追加から「Classic Editor」を検索し、今すぐインストールをします。

 

Classic Editor
Enables the previous "classic" editor and the old-style Edit Post screen with TinyMCE, Meta Boxes, etc. Supports all plugins that extend thi …

Classic Editorは、WordPressチームが管理する公式プラグインで、以前の(「クラシック」)WordPressエディターと「投稿の編集」画面を復元します。その画面を拡張したり、古いスタイルのメタボックスを追加したり、以前のエディターに依存したりするプラグインを使用できます。

Classic Editorは公式のWordPressプラグインであり、少なくとも2022年まで、または必要な限り、完全にサポートおよび保守されます。

「Classic Editor」は少なくとも2022年までのサポートだそうです。ずっとは使えないかもしれませんね。

 

インストールした「Classic Editor」を有効化すると、

シンプルな見慣れたエディタに戻りました。

2.WordPressプラグインDisable Gutenbergをインストール

プラグインの新規追加から「Disable Gutenberg」を検索し、今すぐインストールをします。

 

Disable Gutenberg
Disable Gutenberg Block Editor and restore the Classic Editor and original Edit Post screen (TinyMCE, meta boxes, etc.). Selectively disable for posts …

Disable Gutenbergプラグインは、従来の(元の)WordPressエディターと「投稿の編集」画面を復元します。したがって、クラシックエディターを拡張するプラグインとテーマ関数を引き続き使用できます。メタボックス、クイックタグ、カスタムフィールドなど、クラシックエディターでできるすべての機能をサポートしています。

 

インストールした「Disable Gutenberg」を有効化すると、

これもシンプルな見慣れたエディタに戻りました。

まとめ

あくまで、どうしてもという場合の回避策として、

2つのプラグインをインストールすると、回避できるようです。

 

慣れていく必要もあるかと思いますので、また「Gutenberg」の使い方も

少し余裕ができたら、勉強しつつアップしていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました