バレットジャーナル用 リヒトラブの方眼ノートに変更

バレットジャーナル用 リヒトラブの方眼ノートに変更

以前、ページの入れ替えができるリヒトラブのツイストノートを紹介しました。

 

ページの入れ替えができる リヒトラブ ツイストノート
バレットジャーナルに励んでいると、 ノートが新しく切り替わるとき、このときに一番労力を使います。 手書きの良さが楽しいバレットジャーナルですが、 ノートが変わると、また、新しく書かなければならないリストなどのページがたくさん増えてきま...

 

 

バレットジャーナルも3月いっぱいまでもつかどうかぐらいになってきたので、

次のノートを検討していましたが、

 

どうしても方眼ノートがよいので、

リヒトラブのツイストノート 方眼タイプを購入しました。

 

ビジネスにも使える4色シリーズ

 

仕事にも常に携帯するようにいているので、

 

ブラック・シルバー・ネイビー・ホワイト というカラー展開は

シンプルで個人的には◎です。

 

今回、購入したのはブラックです。

 

 

 

わかりにくいですが、方眼の線は薄いブルーです。

 

バインダーの外し方は、左右を上下にずらすだけ。

 

 

まだ、まっさらの状態ですが、

 

ページの入れ替えが自由にできるというメリットがありますので、

少しずつ、次のバレットジャーナルノートの準備を開始しようと思います。

 

B6サイズのノートを、半年近くつかっていたのですが、

A5サイズにまた戻る予定です。

 

バインダータイプは、字をかくときに、邪魔に感じることが多くて

しばらくやめていましたが、

 

リヒトラブのバインダーはプラスチックタイプで、

あまり太くないのでそんなに邪魔に感じなくてすみそうです。

 

 

ちなみにリヒトラブのノートは、専用のリフィルでないと、

穴の数が違うので、合いません。

 

 

新しいノートを買うとワクワクしてきますね。

 

 

 

 

 

手帳術
スポンサーリンク
プロフィール
ちょび
ちょび

3人の子育てをしながら、夫と5人家族。
仕事しながら、育児、家事に每日奮闘しています。
このブログでは、パソコンを使いながら、発見したことや手帳術、バレットジャーナルや思いついたことを日々綴っています。

フォローお願いします
フォローお願いします
ちょびスタイル

コメント

タイトルとURLをコピーしました