仕事のできる人が使っている2020年ビジネス手帳5選

ついつい見てしまう、いろんなタイプの手帳たち

2020年の手帳を、色々チェックしてみました。

 

勤務時間が不規則な人向け24時間バーチカルの プラチナダイアリー・プレステージ

勤務時間が不規則な人向けの「マンスリー」ページと「24時間のバーチカル」手帳

いろんなシリーズがあるので、勤務状態に合わせて選べます。

 

いくつものプロジェクトの管理に1週間の状況を把握するクオバディス

1週間のプロジェクトの状況を一度に把握するバーチカルページが充実している手帳

カラーがめちゃくちゃ豊富でサイズも少し大きめです。そして正方形の手帳なんですね。

ちょっと高級な本革カバーもあり、他の人とはちょっと仕事ができる感満載です。

 

大人気の1日1ページほぼ日手帳のカズンサイズ

すべてを記録したいならほぼ日手帳がおすすめです。

1日1ページのボリューム。いっぱい書いておきたいですね。

ほぼ日手帳のカバーも種類が多いので、1年の間に傷んでもすぐ取り替えて気分転換できます。

 

 

趣味も仕事も大事にしたい 持ち運びに便利サイズのモレスキンポケット

これは、手帳というよりノートです。

バレットジャーナル向けですね。すべてを自作したい人のためのポケットサイズのモレスキン。

資料を切り貼りする人や、イラストを描く人には無地もいいかもしれません。

個人的には手帳は方眼が好きです。文字を書く量のほうがほとんどなので。

こちらもカバーの色が豊富で、悩みます。

 

 

仕事も勉強も両立したい、時間管理にA5サイズのバーチカル手帳

英語や資格の勉強に取り組む時間を確保したいなど、

予定やログを全部書き込むデルフォニクス A5 バーチカル手帳 

 

 

まとめ

使ってみたくなる手帳がたくさんあります。

現在、B6サイズのノートでバレットジャーナル、すべてを記入しているのですが、

マンスリーとバーチカルは別にもちたいとも考えている今日このごろです。

自作する不便さと、ページを何度も行ったり来たりしてしまうので、

別ノートでの管理を検討中。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました