大きすぎず小さすぎずのB6サイズのバレットジャーナル用ノート

バレットジャーナル用のノートを選ぶのに、サイズをどれにするのか?

悩みますよね。

私は、何年もA5ノートを使用していました、自宅にいる時間が長かったときは、

問題なかったのですが、

平日仕事に出るようになってからは、A5サイズが少し大きすぎました。

A6サイズも試してみましたが、これは小さすぎるということで

B6サイズのノートで今はバレットジャーナルが落ち着いて進行しています。

おしゃれなバレットジャーナル用 B6サイズノート

マークス 方眼ノート B6変型 EDiT エディット

表紙がカラフルで、自分の好きなカラーが選べてテンションが上ります。

 

 

Hmmm!?  B6ノート ドット方眼 エディタブルノート

こちらも、カラーは6種類。カラーによって表紙の質感が変わります。

 

 

美篶堂 (みすずどう)ソフトカバーノート

こちらは、丁寧に作られていて人気のあるシンプルなB6サイズノートです。

 

 

ハードカバーは別売りされています。

ずっと使いたくなるデザイン。ハードカバーについてくるノートは無地なので、方眼ノートが欲しい場合は別々に購入が必要です。

 

 

最初は格安のB6ノートからでも

B6ノートに変更する際、本当に自分にあっていのか、不安だったので、

最初は、格安のノートからはじめました。

 

 

意外とカバーもしっかりしていて、枚数も80枚、2ヶ月ほど使えました。

替えノートも手頃なので、じゃんじゃん書けます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました