A4用紙1枚のタイムマネジメント人生を思い通りに動かす方法

A4用紙1枚のタイムマネジメント人生を思い通りに動かす方法

今日は、この本を読んだ記録

読書記録

読んだ本:「仕事も人生も全てが思い通りになるタイムマネジメントノート: たった15分 A4用紙一枚に書き込むだけ!!Kindle版」
著書名:平土井 俊
読んだ日:2020/01/10
出版社名:電子書籍 Amazon
発行年月日:2018/12/12

ハイライトした箇所

『タイムマネジメント』から『ライフマネジメント』へ

「時間 」ではなく 「人生 」そのもの
 タイムマネジメントとは時間を管理するのではなく、人生そのものを管理する

◆『過労による休職』が人生のターニングポイントに 

「本当に自分がやりたいことは何だろう ? 」
 「時間と真剣に向き合い 、ゆとりのある充実した人生を送りたい 」
タイムマネジメントとは 、時間という資源を最適化してパフォ ーマンスを最大限に高めていくことが本来の目的

自分が何にどれだけ時間を使っているのかを把握

1日 2 4時間の中で自分のために使える時間を見つけてく

本当に自分が望んでいる人生にするために、自分のために使える貴重な時間をフルに活用する

第一章 9割の人がハマる時間管理の落とし穴

時間をコントロ ールできなくなる原因の多くは 、外的要因にあるケ ースが多い

コントロ ールできない時間を 、いかに最小限に抑えるか工夫
 

ポイント1:優先順位の確認 
無理に今から急ぐ必要がなくなり 、その優先順位に従ってスケジュ ールを組みなおし 、進めることができる

ポイント2:仕事のレベル感をチェック 
どのくらいのクオリティで仕上げればいいのか 。
このようなことを確認するだけで 、ある程度 、自分で時間をコントロ ールできる領域に持っていくことができる。

自分の人生の優先順位を明確にしておくと 、冷静な判断ができますし 、諦めなければならないときは気持ちよく諦めることができます

 ◆タイムマネジメントが持つ本質的な効果 

タイムマネジメントにおいて時間に制限を設ける理由は 、先延ばしにすることを防ぐため

プランを練り直せ

時間管理は手段 自分の人生を理想のものに近づくための手段にすぎない

自分の時間が増えることや 、やりたいことをやる時間が増えることを目的とすれば 「タイムマネジメントに縛られている ! 」と感じることはなくなる

 

第2章 人生の勝ちパターンが見つかる! 本当のタイムマネジメントとは?

 ◆遠い未来ではなく『今日』を見る 
今日 、何ができるか限りなく小さなステップにする

とにかくステップが実行されることの方がはるかに大切

今日 、朝起きてから夜寝るまでの計画を立てる 

「実際の行動を記録する 」ことは 、最も重要なポイント

計画通りにいくことはほとんどない

達成率が 5 0 %を超えていれば 、かなり良い方

第3章 A4一枚で人生が変わる! 今日からはじめる楽しいタイムマネジメント

◆1日の記録をしていく 
大切にしたいことは新しい発見をする

◆今日できたことを書き出す
普段よりもあなたが頑張ったこと

 

第4章 大きな視点で人生を振り返ろう

 ◆1週間のできたことを振り返って「内省」してみる 
やりたいことに時間が使えていたのであれば 、一歩ずつ前に進んでいることを点ではなく線で確認することができ 、 「人生が前進していること自体の嬉しさ 」や 「計画に沿って動けている自分 」に対して自信を感じる

 

この本を読んで良かった点。

仕事も人生も全てが思い通りになるタイムマネジメントノート: たった15分 A4用紙一枚に書き込むだけ!! | 平土井 俊 | タイムマネジメント | Kindleストア | Amazon
Amazonで平土井 俊の{ProductTitle}。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

時間管理ばかりにしばられて、息苦しくならないために、
頭の中を整理。自分の持っている時間を整理するための
A4用紙にまとめられるテンプレートが配布されていました。

ダウンロードして印刷して思考する時間を設け、
自分が自分のために使える時間というのを見直すことができました。

さっそく、自分時間についてみつめなおし、自分のために使える時間というものを実行しようとしたところ、

モチベーションの上がり具合が大きく、朝いつもより早く目が覚めてしまいました。

まとめ

何より、継続することが大事

なので、モチベーションを下げないように、

できるだけ自分が使える時間というものを意識し続けることが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました