今の作業の目的と合同は繋がっているか

松下幸之助の言葉で

『何のための仕事かね?』

という言葉があります。

 

惰性で続けられている仕事はないか

 

長期にわたって繰り返される自分が始めるより前から続けられているから、

習慣になっているからと

改善や見直しが行われることなく、

陳腐化されてしまっている作業を繰り返す。

 

意味や目的の明確さが薄れているのに続けられている作業、

これらにやりがいを感じるでしょうか。

 

 

明確な目的があってこそのやりがい

今している作業にちゃんとした目的があり、

そのための作業をするという行動によって、

結果、目的が達成され、

人は喜びややりがいを人は感じられます。

 

 

まとめ

松下幸之助さんの短いことばは、

とても心に響くことが多く、いくつかメモをしています。

 

 

目的が何かもわからず、惰性によって仕事をしていても意味がなく、

常に改善点や目的について考えることが、大切だと思います。

 

 

今日の本 「松下幸之助の見方、考え方」

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました