お金のことばかり考えていると不自由な生き方になる

本人が真剣に人生を変えようと決めるまでは何も変わらない、

自分の今の状況を他人のせいにしようとしていないか、

どうして今の自分を楽しめないのだろう。

自分が楽しくない仕事をしている、相手のことを考えられない

楽しくないと、お金のことばかり考えます、

この仕事でいくら稼げるのか、

この時給で1ヶ月働いていくらか、

自分への報酬はいくらかということばかり考えてしまい、

サービスの質や量へ、気が回らなくなります。

 

サービスの量と質で報酬額は決まる

ユダヤ人大富豪の教え

相手のことをどれだけ考えて行動するかで、報酬額は決まるということ。

本当に自由な人は感謝に満ちている

本当に自由な人は、時間に縛られることなく、いろんなアイデアをどんどん出して新しいことに挑戦でき、喜びを感じられる人たち

 

自由とチャンス、豊かさ、与える喜び、感謝に満ち溢れている。

 

家族や仲間を大切に家族や仲間が喜ぶことを、進んでやることができる人たち。

 

 

不自由な人は常に疲れを感じている

不自由な時間に縛られた生き方をしていると、

窮屈で徒労感、貧困、欠乏、嫉妬、競争、イライラ、不満、怒り

いいことは何一つない。

 

それは、他人のために働いているから。

 

どうしたら私も自由人になれるのか

 

自分が何が好きなのか、大好きなことを知ること

自分のことをわからなければ、どれだけ社会的に成功しているように見えても

心から幸せにはなれない。

 

 

 

まとめ

 

嫌だ嫌だと思いながら、仕事をしていると、

お金を稼ぐことばかり考えてしまいます。

実際、自分を見つめ直す時間をつくらないといつのまにかそうなってしまっています。

 

ブログを書いていると、自分を見つめる時間ができるなあと感じる日々です。

 

自分のために時間を使っているか
自分のために十分な睡眠をとれているか(毎日気持ちのいい目覚めができるか)
毎日おいしい食事をとれているか
楽しく酒を飲むことができるか(憂さ晴らしのために酒を飲んでいないか)

コメント

タイトルとURLをコピーしました