どんなに怒っても自分の思い通りには他人は動けないし動かない

人は他人が自分の考えとは違う行動をしたり、発言をすると、

こうすればいいのにとか、自分ならこうやったら絶対うまくいくのにとか不満を感じます。

そして、それを伝えても理解されなかったり相手が変わらないと、腹を立てたり怒りを感じます。

基本的に他人は自分の思い通りには動きません、変えなければならないのは、自分の考えや他人に対する捉え方だと考えます。

カッとなって相手と口論して相手を怒らせてしまった。そしてそこから彼が手に入れたものは、自分が望んでいないものばかりでした。

「こうすれば必ず人は動く」デーネル・カーネギー著

頭にきたからといって、それをすぐに相手に感情のままぶちまけたとしても

それが相手に伝わり理解されることはありません。

感情のまま、強い口調で自分の意見を押し付けることで、相手が間違っていたと気づくはずもなく、

ただ「この人は怒っているな」という事実だけしか伝わりません。

「この人は怒るからあまりかかわらないでおこう」という防御の気持ちが生まれます。

 

どんなに、自分が正しいと思うことを相手に伝えようとしても、

怒りやいらだちの感情のまま、相手に伝えても、

あなたの正義は伝わることなく、あなたの怒りしか相手には伝わらないということです。

 

理解されたいのなら、相手の考えも尊重しつつ、

それでも、自分の考えがあなたが正しいと思っているのなら、相手も自分の考えが正しいと思って行動しているのですから、

それを、頭から否定するような怒りに任せた感情のみで動く行動や発言は、何も生産的なものを生むことはないのでしょうね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました