[書評]あなたの今の生活スタイルはあなた自身が選択したスタイルである

今の生活に不満はありますか?
 
自分の思うようにいっていないということは多々あるでしょう。
 
しかし、それが会社のせい、家族のせい、社会のせい、周りのせいだと実は思っていないでしょうか。
 
私も、自分自身の生活に不満があると、
環境のせいだと思っていた時期がありました。
 
「この国に生まれること、この時代に生まれること、この両親のもとに生まれること、すべて自分で選んだものではない」
『嫌われる勇気』 P51
 
 
確かにそうですね、
 
自分の意志とは関係なく私たちは今ここに存在している。
生まれた環境は、今の自分に間違いなく、影響を与えているでしょう。
 
他人みたいになりたかったと感じることもあります。
 

自分が変わらなければ環境も変わらない

今の自分に不満があるのは、自分を変えるつもりがないから。
 
こうなりたい、あんなふうになりたい、願望を並べても、
願望に近づくための変化をしなければ、自分も環境も変わらない。
 
変わりたくないという選択を自分がしてきた結果なのです。
 

自分を変えることは怖い

 
「新しいライフスタイルを選んでしまったら、新しい自分になにが起きるかもわからないし、目の前の出来事にどう対処すればいいかもわかりません」
『嫌われる勇気』 P53
 
 
自分を変えることで、収入がなくなるかもしれない、人に嫌われるかもしれない、よくないことが起こるかもしれない・・・
不安は限りなくあります。
 
だから、今のまま変えないほうが楽だという選択を自分自身で行っているにすぎないのです。
 
 

自分を変えるには「勇気」が必要

 
不満や不安を押しのけて、自分が変わるにはかなりの勇気が必要ですね。
 
どちらを選んで、なりたい自分に近づくかは他人が決めたことではなく、
すべて自分が決めることです。
 
 
人にどう思われてもいい、胸を張ることを心がける
 
私は、自分がすべて正しいとは思っていないけれども、
他人にどう思われるかなんて特に気にしないようにしています。
 
  • 人に会えば笑顔で挨拶はする
  • 話したくない人とは無理して話す必要もない
  • 自分の時間を何より大切にする
 
 
笑顔で胸を張って、少し歩いてみると、とてもすがすがしい気分になり、
今日もやるぞと思うことができます。
 
 
嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
by カエレバ

 

自分を成長させること 暮らしを充実させる
スポンサーリンク
プロフィール
ちょび
ちょび

3人の子育てをしながら、夫と5人家族。
仕事しながら、育児、家事に每日奮闘しています。
このブログでは、パソコンを使いながら、発見したことや手帳術、バレットジャーナルや思いついたことを日々綴っています。

フォローお願いします
フォローお願いします
ちょびスタイル

コメント

タイトルとURLをコピーしました