[書評]自分に与えられるものから、逃げてはいけない

 

私たちには、日々色々なものが与えられるでしょう。

それはアイデアであったり、非難であったり、

助けであったり いただきものであったり、おせっかいであったり・・・

「大切なのはなにが与えられているかではなく、与えられたものをどう使うかである」

『嫌われる勇気』P44

与えられたものに感謝するのも 迷惑に思うのも自分次第なのでしょうね。

 

何気ない価値もないと思っているものが、実は自分にとって貴重なものだったりするわけでしょう。

 

 

他人の心無い言葉に憎しみを感じるよりも

心無い人間を嫌いだと思うことよりも、

それに気づいた自分を褒めたり、そうあってはならないと自分を振り返ったりと

自分にとってどう使うかの選択を改めるほうが心穏やかでいられます。

 

 

人や環境から自分に何を与えてくれるかばかり注目するのではなく、

今ある状況や人から与えられた物を自分のために

どう使うかに注目して過ごしていきたいですね。

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
by カエレバ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました