早起きを習慣にするための目標設定方法

早起きを習慣にするための目標設定方法
早起きを習慣にするための目標設定方法
「今週こそ早起きをしよう」思うのに、
どうしても起きられない
二度寝してしまう
自分は意思が弱いなあと自己嫌悪に陥る
などの悩みを抱えていないでしょうか?

自分が起きたい時間に早起きできるように習慣化するコツは

一度に目標を高くあげすぎないこと

今まで7時に起きていたのに、

急に明日から5時に起きようと思ってもハードルが高すぎて絶対に達成できません。

まずは、目標を今日より5分早く起きると小さな目標からはじめましょう。

小さく始めることで次も頑張ろうとモチベーションを上げる

1日5分ずつ早起きをしていくという目標を立てれば、

今まで7時に起きていたのなら、明日は6時55分。明後日は6時50分。

5分ずつの早起きなら頑張れそうですよね。

1週間後には6時半には起きる予定です。

もし、目標を達成できなければ、次の日も同じ時間に起きる目標で頑張ってみましょう。

朝5分早く起きるなら寝る時間も5分早めなければならない

身体を元気に保つためには、睡眠不足では自分の体に負担をかけてしまうだけです。

早起きを達成するなら、寝る時間も早寝に変更していかなければなりません。

自分にとって適切は睡眠時間は必ず確保する必要があります。

早起きを意識する前に早寝も意識しなければ、早起きを習慣化させることはできないでしょう。

達成したい習慣の目標は1つずつ増やしていく

3479143244_4016e7fb89_z

早起きをしたら、あれもしたいこれもしたいと、やりたいことはたくさんあるかもしれません。

しかし、いくつもやりたいことを目標にしてしまうと、すべて中途半端にしか達成できなくなってしまいますので、

一つの目標を習慣化できたら、次の習慣化したい目標を一つ増やすというようにしていくほうが
確実に習慣化が達成できるでしょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました