賢くシークレットモードでサクサクWEBページを閲覧する3つの方法

賢くシークレットモードでサクサクWEBページを閲覧する3つの方法

賢くシークレットモードでサクサクWEBページを閲覧する3つの方法

シークレットウィンドウはWEBページをたくさん閲覧するような人には、
履歴やCookieが残らないため、なにかと便利ですね。

また共同のPCを利用するような場合にも履歴や検索キーワード、パスワードやIDを保存する心配もありません。

シークレットモードの開き方

通常Chromeでシークレットモードを開く方法は

Chromeウィンドウの右上の三本線のマークをクリック

シークレットモードの開き方

「シークレットウィンドウを開く」を選択します。

シークレットウィンドウを開くを選択

または、「Ctrl+Shift+N」のショートカットキーで開くことが出来ます。

ですが、いちいちこのようにシークレットモードに変えるのは面倒です。

そこで

シークレットモードを賢く使う3つの方法

1.常にシークレットモードで起動するようにする

主にシークレットモードで作業をするという人は、Chromeのショートカットをクリック(起動)すると

自動でシークレットモードが開くように設定することができます。

Chrome

Chromeのアイコンを右クリック⇒プロパティを選択

リンク先の一番後ろに 「 --incognito」(※半角の空白&半角の-を2つ) を入れます。

これで、OKをすると、次回から今までと同じようにChromeを起動しただけで、シークレットモードでウィンドウが開きます。

2.通常のモードで開いているページをワンクリックでシークレットモードへ

Chrome拡張機能のIncognito This!を使います。

WEB開発などをしている人に、おすすめの拡張機能のようです。

こちらで詳しく説明してくれているので、省略します。
閲覧ページをクリック一発でシークレットモードで開いてくれるChrome拡張「Incognito This!」

3.よく開くWEBページなど、特定のページをシークレットモードで常に開く

Chrome拡張機能のIncognito Filterを使います。

履歴などを残したくない、特定のページを常にシークレットモードで開くことができる拡張機能です。

ウェブページを開いた状態で、このIncognito Filterのマークをクリックすると

以下のような文言が出てきます。

Incognito Filter

 

ウェブページを追加をクリックすると、今開いているページは常にシークレットモードで開くことができるようになります。

 

まとめ

通常のモードでいくつもWEBページを開くと、ブラウザの動作が重くなったりする原因にもなりますね。

履歴のクリアをするときにこのような「次回からシークレットモードをおすすめします。」の メッセージが出る場合は、いずれかの方法を利用してみるといいかもしれませんね。

 

履歴のクリア

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました