書類を整理しよう!クリアホルダーの便利な使い方

書類を整理しよう!クリアホルダーの便利な使い方

 

仕事上でクリアファイルはよく使うアイテムですが、

ほとんどの人が、クリアホルダーの中身が いつのまにかストックしたままの書類ばかりで

結局再び使う事がないというようなクリアホルダーばかりにはなっていないでしょうか?

クリアホルダーの役割とは

クリアフォルダーの役割

 

そもそもクリアホルダー(クリアファイル)とは

書類が バラバラにならないように整理し、

書類の角が折れたりして 汚くならないように保管するものでしょう。

 

ですがこの作業を何度も新しいクリアホルダーを出して

繰り返していては仕事を溜め込んでしまうということにつながりやすくなります。

クリアホルダーの中身ちゃんと把握してる?

デスクの横には中身がはっきり分かっていないクリアホルダーが

山積みになっていたりしないでしょうか?

 

クリアホルダーにいれておけばなんとなく整理できたような気に なりますが、

実は処理されずにそこにあるだけということになってしまいます。

 

実際、保管しておかなければならない書類も たくさんあるでしょう。

それは保管のファイルへ それ以外の書類は何かしら作業が求められるものです。

 

大量の未処理のクリアホルダーを処理済みにするには

 

未処理のものを処理済へと変えていかなければ成りません。

 

仕事は絶えず無限にあると思います。

 

 

未処理のうちから自分に今日処理・片付け・整理できるものを決めて

一つ一つ片付けていくことが大事です。

 

整理したような気になるクリアファイルの見た目にまどわされず、

処理しなければいけないファイルなのか、

それとも保管しておくファイルなのかを

把握しながら 工夫して整理することが大事なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました