ちょびスタイル

ライフスタイル、仕事術、パソコンなどなど日常の気づいたことを記録します

*

相手が間違っていると思っても他人を裁いてはいけない

   

 

自分が間違っていたことを認めて謝るという行為には勇気がいりますよね、エネルギーを使います。

「自ら裁かれることを欲しないならば、人を裁くことなかれ」  

「こうすれば必ず人は動く」デーネル・カーネギー著

他人を思い込みや自分の価値観だけで否定したり無意識に傷つけたりすることがあります。

それに気づいた時、自分も間違っていたことに気づけたならばまずはいちばんにそのことについて、謝罪すべきです。

他人を自分より下に見ているとそれがなかなか出来ません。子供に対してもそうでしょう。

厳しく叱ってしまった自分の気分でイライラして怒鳴ってしまったなど心当たりは誰にでもあります。

 

知らずしらずのうちに自分のプライドや意地を守ることばかり優先してしまう。

 

心穏やかにそしてみなと仲良く平和に、そして成長、成功を望んでいるのなら、他人のミスや非、価値観の違いを責めて、怒りをあらわにすることは、自分の望む場所からどんどん自ら遠ざかっていこうとしているにすぎません。

 

 

 - 参照, 書評

スポンサーリンク

スポンサーリンク

follow us in feedly

 
         

  関連記事

[書評]自分に与えられるものから、逃げてはいけない

  私たちには、日々色々なものが与えられるでしょう。 それはアイデアで …

人柄によって運を引き寄せる
[参照記事]人柄によって運を引き寄せる

自分が優秀だと思っている人間は 自分が気づかないうちに、他人を見下した態度や言葉 …

どんなに怒っても自分の思い通りには他人は動けないし動かない

人は他人が自分の考えとは違う行動をしたり、発言をすると、 こうすればいいのにとか …

[書評]あなたの今の生活スタイルはあなた自身が選択したスタイルである

今の生活に不満はありますか?   自分の思うようにいっていないということは多々あ …

[書評][メモ]今の自分はすべて自分が選択してそうなった結果

これまでの人生において深く考えさせられ、考え方を大きく変えてくれた書籍 「嫌われ …

[書評]他人への怒りは何も生まない

自分のミスを注意されて怒りを感じたとき 自分のミスをミスだと思えず、注意されたこ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です