ちょびスタイル

ライフスタイル、仕事術、パソコンなどなど日常の気づいたことを記録します

*

アイコンとは??

      2015/02/26

アイコンとは

こんにちは。ちょびです。

今日は基本的なパソコン用語の「アイコン」を説明します。

アイコンとは、デスクトップなどにある小さな絵のことを言います。

マイコンピュータやゴミ箱のイラストもそうです。
分かりやすくプログラムやファイルのことを表している絵をアイコンと呼びます。

よく見るアイコンは下記のようなものがありますね。

アイコン

このように、イラストにファイルやプログラムが表示されていることで
自分がやりたい作業につかうファイルやプログラムが
すぐに見つけられやすくなります。

また、上のInternet Explorer(IEともいいます)やWindows Media Playerなど、
プログラムを実行するためのアイコンのことを「ショートカットアイコン」と呼びます。

上記の2つのアイコンには、青い矢印がついていることに気づきましたか?
これはパソコンにインストールされているプログラムへ、
素早くダブルクリックするだけで起動できるようになっています。

ですから、よく使うプログラムはデスクトップへ
ショートカットアイコンを自分で作成することで
簡単にそのソフトを起動させることができます。

ショートカットアイコンの作り方

  1. スタートメニューのすべてのプログラムの中から、よく使うプログラムを見つけます。
  2. プログラムを見つけたら、マウスをそのプログラムの名前のところで右クリック
  3. 右クリックて表示されたメニューの中から、「送る」のところにマウスを持っていきます。
  4. 送るにマウスを持って行くと更にメニューが表示されるので、その中から「デスクトップ(ショートカットを作成)」をクリック。
  5. これで、デスクトップにショートカットアイコンを作ることができました。

※矢印のついたショートカットアイコンは、デスクトップ上でゴミ箱に入れて削除しても、プログラム自体が削除されることはありません。
ショートカットアイコンのみが削除されるので、あまり使わないショートカットアイコンは削除してしまいましょう。
デスクトップにたくさんアイコンがあると、パソコンが重くなる要因の一つにもなります。必要のないものは表示しないようにすることをおすすめします。
プログラムは、アンインストールしない限り、スタートメニューのすべてのプログラムの中から探すことができます。

 - パソコン初心者向け講座

スポンサーリンク

スポンサーリンク

follow us in feedly

  関連記事

関連記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です